TH鉄道本舗

買取コラムかいとりこらむ

東京都にてNゲージKATO製品の国鉄型通勤103系ウグイススカイブルーなどの鉄道模型を出張買取り

買取実績

2021.02.25

国鉄時代の山手線や京浜東北線で活躍した103系の買取について解説です。

国鉄型通勤列車103系とは

1963年(昭和38年)に試作車が完成し翌年から量産をされた国鉄時代の通勤型列車です。

101系の後継となる車両ですが短い区間でも加速減速性能を高めた車両となっており最盛期は3400両以上が製造、活躍をし日本の大動脈をつなぐ鉄道インフラとして活躍しました。

性能の高さは折り紙付きで体質改善を繰り返しながらも2021年現在も活躍をしています。

買取りワンポイントアドバイス

101系、103系は非常に多く生産され大量に入ってきます。

自宅キットも販売されており自身で組み立てコレクションされる方も非常に多くいらっしゃいます。

自作された鉄道模型も買取対象商品となりますが、自作された鉄道模型の買取のポイントは完成度の高さです。

組み立てにおける完成度はもちろん、塗装や足回り等の完成度によって既製品よりも高い買取り価格がつくこともあります。

山手線のウグイス色、京浜東北線のスカイブルー、中央線のオレンジ色など同じ形式で各種車両が登場しておりますが、このカラーが高いと言うものもなく、カラーで買取り金額が高くなる事はありません。

103系通勤型電車買取のまとめ

103系は日本全国で走っていることが理由からか、鉄道模型の買取としても大量に入ってきます。

同じ車種が大量に入ってきて困る事は一切ございませんので一度ににたくさんの車両を買取させていただけると、とてもありがたいです。

103系の車両を売却の際はぜひ、鉄道本舗までご依頼ください。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: under_cta_bnr.png